■ビックウェーブサイト
パチスロ(スロット)パチンコの中古販売のビックウェーブ

2008年04月28日

最強のスロプロ日誌107

20080426223522.jpg家庭用中古パチスロ(スロット)・家庭用中古パチンコ販売のビックウェーブ

自己嫌悪


752回転 BIG 36 REG 24 +4100枚。



「やるな、ラブリー…」


色々な意味で困惑されられた一日でした。


'ボーナス間の200越え×2,すら一回も無い(未遂は2回あったが)、この安心感の有り余った展開。確率も、ソコまでの数値ではないのにねぇ… (^_^;)


こんな珍しい展開を堪能させて貰っていた最中、自分の周りに居たジャグ常連さん達のやり取りを、一日中目の当たりにしていた自分…。




―今や、ジャグは店の命。


ジャグラー(特にアイム)を軸に上手く売り上げを上げない事には、スロットで利益を出していくのが困難な悲しい状況。稼働さえ保てれば他機種でも担える役どころなのだが…実際、どうにもなってない現況でしょうか。



―ジャグ自体、コーナーに立ち入る機会も少ない。

そんな空間で、自分が忘れ欠けていたモノを思い出す様な出来事が…




―…自分はひたすら黙々と打っている中、常連さん達は様々な動きをする。


年齢の幅も広く、ホント'店で集った,といった感じの面子。そして、その中に一人の黒人男性がいました。

歳の頃は自分とそう変わらないであろうか。身長は高く、一見近寄り難いイメージ。でも、普通に周りのオッサン常連と話しているトコロを見るに間違い無く'常連,なのだろう…。


そんな彼が、数時間掛けて台移動をひたすら繰り返し(※6枚も、お構い無し!)、夕方過ぎに遂に自分の隣に着席。


『なんかヤだな…』


当然の様な心の声。彼の立ち回りは見るに堪えなく(主観で申し訳ないが) 、店から言わせればかなりの上客と言ったトコロか…。


300回転くらいでBIG。ノマレ寸でまたBIG…

しかし、目押しが上手くない事によりGOGO$ヤ点灯のまま無くなるコイン。


困っていた感じの彼に、コインを少量差し出した…。

申し訳なさそうにコインを受け取り、直ぐ様コインを返してくる。

BIGが終わると、ホールによくある端数分の景品を取ってきて自分に渡してくる彼。感謝の意を快く受け取る。(写真右)


そのまま惰性で目押しを数回、間もなくお礼の第二弾。(写真左)


その後、また他の台に移っていった…。少しのコインを手に持って…(常連の特権!?)



―…最近、ホールにいて他人と会話する機会が殆どなかった。

一昔前と違い、ホール内の客層分布に大きな変化が生まれてきている。気さくに話し掛けてくれる年配層が、ジャグのシマに追いやられているのを実感した一日…。


ジェロ(仮)…、変な偏見を持ってゴメンナさいでした…m(__)m
posted by ビックウェーブ at 02:12| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。